シミに悩む人のための化粧品

シミ用の化粧品というとシミを隠すファンデーションのことをイメージする人もいるかと思いますが、今回書こうと思っているのはシミを薄くしたいときに使う化粧品のことです。
シミにも生まれつきのものなど色々あると思いますが、紫外線と加齢による影響でできたシミに関してです。
「化粧品で本当にシミが薄くなるの?」というのが真っ先に思い浮かべる疑問だと思いますが、最初に言っておくと「あまり期待しすぎない方がいいです」。
化粧品と薬というのはちゃんと区分されていますので、化粧品は薬ではないということです。
そのため宣伝に使われる言い回しなども薬ならOKだけど化粧品ではNGという表現もあります。

ではそんな化粧品を使う意味があるのかという話になってきますが、シミ取りレーザーはまだ日本ではそれほど一般的とは言えず色々と不安があって治療に踏み切れない人もいるはずです。
そんな人がまず第一段階としてシミ用化粧品を使ってみる、というのは意味があるのではないでしょうか。
化粧品でシミが少しでも薄くなればラッキーですし、ダメならレーザー治療を受けるかどうかを本格的に検討すればいいと思います。

最初に「あまり期待しすぎない方がいいです」と書いたのは私の本心ですがネットの書き込みでは「コスメでシミが気にならなくなった」という人がいるのもまた真実です。
その書き込みが本当なのか嘘レビューなのかというのはもちろん知るすべはありませんが、一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。

興味がある人はとりあえずどんな商品があるのかということだけでも下記参考サイトで見てみてはどうでしょうか。

参考:http://xn--t8j4aa4n6jiiv30tv1cpw8j.com/
(できてしまったシミ 化粧品)

オイリー肌におすすめの部分用化粧下地

オイリー肌用の化粧下地には通販でしか買えないものやドラッグストアなど比較的どこででも手に入りやすいものがあります。
市販の部分用下地で「エテュセ オイルブロックベース」というオイリー肌向けの商品がありました。
過去形なのはもうこの商品は廃盤になっているらしいからです。
ネットで調べてみるとかなり評判が良かったのですが去年あたりで廃盤になったみたいです。
※現在「限定品」として一時的に再販しているようです

部分用なので顔全体ではなく皮脂によるテカリが目立つTゾーンなどに部分的に使う商品です。
商品にはテカリ防止パウダーというものが入っていて、このテカリ防止パウダーがお肌の凸凹を埋めるとともにテカリを抑えてくれるというものです。

参考:エテュセ オイルブロックベース

参考サイトでは他にもオイリー肌用の下地がいくつか紹介されていますが、その中でも特におすすめされているのが「ミムラスムーススキンカバー」という化粧下地です。
これは通販メインで販売されている商品です。
したがって、まだあまり名前を知らない人も多く、名前を知っていても実物を見たことが無い人が多いのではないでしょうか。
値段の割には容器サイズがかなり小さいのですが1回に使用する量はごくわずかなので、2ヶ月くらいは持ちます。
むしろ多く付けるとよくないみたいで、少量を顔全体に薄く伸ばして使うのが正しい使い方です。
この下地もテカリを抑えてくれて顔のシワや凸凹をカバーしてくれます。

最後に洗顔についてです。
オイリー肌だからといって頻繁にゴシゴシと強い洗顔をするのは間違いです。
顔の皮脂を頻繁に全部取っていると体が皮脂不足と認識して、再び皮脂が過剰分泌されてしまいます。
日中の洗顔や脂取り紙の使用はほどほどで大丈夫です。
お風呂に入って顔の皮脂を全部落とした後は保湿を忘れずに行ってください。
保湿がされていないとやはり体がお肌を乾燥から守るために皮脂を過剰分泌してしまいます。
オイリー肌の洗顔は「皮脂を取り過ぎないこと」「洗顔後に保湿を行うこと」がポイントです。

ヘーゼル系のカラコン

皆さんはヘーゼル系のカラコンを使ったことがありますか?
ナチュラルメイクからハーフ系メイクまで幅広く対応できるカラーがヘーゼルです。
ゴールド、ベージュ、イエローなどもヘーゼル系と考えることもできます。

ナチュラルなヘーゼルカラコンにはプティアのエルムヘーゼルというヘーゼルカラコンがあります。
どこがナチュラルなのかというとフチの部分です。
近くで見るとフチがドット柄のようになっていて、目に装着してみるとフチがぼやけたように見えます。
そのため他人からはカラコンを付けていると気づかれにくいです。
職場、学校などにこっそりとカラコンを付けていきたいけどバレないか不安という人におすすめです。
周りに気付かれずにさりげなく瞳を大きく見せることができます。
エルムヘーゼルというネーミングではありますが、ブラウンっぽい色にも感じます。
このカラコンに限らずネーミングはただの目安ですね。

次にハーフ系のヘーゼルカラコンについてですが、派手目メイクのちょっとギャルっぽいハーフ系メイクにはラヴェールのシルキーベージュが似合うと思います。
このカラコンはフチはくっきりとしていて高発色の派手目のカラコンです。
かなり目ヂカラがアップするのではないでしょうか。
もう少しナチュラルっぽい方がいい人にはシアーヘーゼルという種類も用意されています。

ナチュラルっぽいハーフ系カラコンだと他にリルムーンのスキンベージュとクリームベージュがあります。
ハーフ系定番の3トーングラデーションのカラコンです。
ヘーゼルだけではなくスキーングレージュ、クリームグレージュというグレー系のものもあります。

参考サイト:http://xn--lckq1a8hodp7c2d.biz/

サンプルページ run to the …

あかるい 日だ 
窓のそとをみよ たかいところで
植木屋が ひねもすはたらく

あつい 日だ
用もないのに
わたしのこころで
朝から 刈りつづけてゐるのは いつたいたれだ

 生みのくるしみ! 此のくるしみから自分は新たに日に日にうまれる。伸び出る。此のくるしみは其上、強い大膽なプロメトイスの力を自分に指ざした。遠い世界のはてまで手をさしのべて創世以來、人間といふ人間の辛棒づよくも探し求めてゐたものは何であつたか。自分はそれを知つた。おお此のよろこび! 自分はそれをひつ掴んだ。どんなことがあつても、もうはなしてやるものか。

百舌鳥や
きいり きり
鉄砲ぶちにきをつけろ

あつちみろ
こつちみろ
もずや
きいり きり
枯草山(かれくさやま)に火をつけろ

 何人も気がつくごとく、ここに陳列せられた洋画は主として写生画である。どの流派を追い、どの筆法を利用するにしても、要するに洋画家の目ざすところは、目前に横たわる現実の一片を捕えて、それを如実に描き出すことである。彼らにとって美は目前に在るものの内にひそんでいる。机の上の果物、花瓶、草花。あるいは庭に咲く日向葵(ひまわり)、日夜我らの親しむ親や子供の顔。あるいは我らが散歩の途上常に見慣れた景色。あるいは我々人間の持っているこの肉体。――すべて我々に最も近い存在物が、彼らに対して、「そこに在ることの不思議さ」を、「その測り知られぬ美しさ」を、描かれることを要求する。従って彼らは、いかなる描き方をする場合にも、写実的な態度を失わない。